生理前の暴食・むくみ・便秘について

生理前のある時期になると決まって暴食が止まらなくなります。もうそれはそれは周りが心配してくるぐらいのレベルでして…。

これってどうして起こるのですか?

女性ホルモンの働きによるものだ、ということはご存知だと思いますが、もう少し掘り下げて考えていきましょうね。

エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがありますが、生理前の不調の多くは”プロゲステロン”が関係しているとされています。プロゲステロンは「子宮をふかふかのベッドにするホルモン」とよく言われますが、子宮内膜を妊娠しやすい状態に維持する働きがメインのホルモンです。

聞いたことありますね。確かプロゲステロンの分泌がされなくなった時期に生理が始まるんですよね?

そうです。受精が起こらずに、ふかふかのベッドを維持する必要がなくなった時に内膜が剥がれ落ちて経血になります。

プロゲステロンが分泌されている時期は「妊娠を想定した体作り」が自動で行われるのですが、この時に栄養や水分を蓄えようとする働きが強くなります。

なので、生理前の暴食やむくみは「黄体期のプロゲステロンの分泌によって、栄養や水分をストックしようとするために起こる」ということですね。

なんと!!
そう聞くと、なんか暴食やむくみが愛おしく感じてきますね。笑

確かにそうですね。笑 けなげな感じがします。

女性の体のシステム上、どうしても暴食やむくみが起こってしまうようなので、ある程度は仕方がない気がしますよね。無理に食べるのを抑えるのは、体の正常な反応に逆らっているような気もします。だからと言って、ケーキやポテチを爆食いするのは良くないので、食べものの質にはこだわりたいところではありますけどね。

またプロゲステロンには腸の動きを抑える働きもあるため便秘も起こりやすくなります。PMSにも関わるとされています。

そうですね。訳のわからない食欲に負けたと感じつつ、罪悪感を持ちながらもどうせ暴食してしまうのなら、「体のシステムだから!!」と割り切って、質の良い食べ物を食べてしまった方が精神的にも良い気がします。

次の暴食期に備えて、ヘルシーおやつを調べておきます♪

オススメのおやつが見つかったら教えてくださいねー♪

★LINE登録でお得な情報をゲット★