体力を向上させるための運動とは?

このところ、体力の衰えを痛感することが増えました。数時間買い物に行ったらもうクタクタだし、ちょっと走ったら息切れするし、休日はグッタリで動けないし…

疲れを気にせずに、1日中買い物とか行きたいんですけど、どうすれば体力向上できますかねー?

にしだ

結論から言うと…
①食事の改善
②「キツい」と感じる程度の運動を週に3〜4回行う

ということになります。

……ウッ。

にしだ

大丈夫!!食事・運動と聞いてアレルギー反応を起こさないで!笑
しっかり説明していきます。今回は運動のことがメインです。

そもそも「体力」とは何なのか、ということから考えていきましょう。運動生理学上、「体力」というのは”持久力”と”筋力”を意味します。

ここでは簡単に

運動が長時間続けれらない:持久力が弱い
動く力が弱い:筋力が弱い
どちらのパワーもない:体力が弱い

と定義しておきましょう。

なるほど。私の場合は間違いなく「体力が弱い」だわ。笑

にしだ

持久力の向上のためにはウォーキングやジョギングなどの持久系のトレーニングを、筋力の向上にはスクワットや腕立て伏せと行った筋トレが必要になります。

で、「体力向上」において絶対的に重要なのが
「キツい…」と感じる程度の負荷を
②継続的にかける必要がある
ということです。

なので、ただ単に1日1万歩を歩いているだけとか、キツさを感じない回数のスクワットを週1回やる、とかでは体力向上という意味ではあまり意味がありません。

そういうことか。私もできるだけ1日8,000歩は歩くようにしてるのですが、全然体力がついた気がしないんですよね。よく眠れるようにはなったのですが。

にしだ

「健康維持・健康増進」という意味であれば、散歩程度の負荷でも全然OKなんです。

でもそれが「今よりも体力を向上させたい」という目的になってくると”負荷をかけた運動”が必須になります。

質問者さんの場合は「インターバル速歩」が良さそうですね。やり方は超簡単です。

①キツいと感じる程度の早歩きを3分間
②普通のペースでの歩行を3分間

これを5セット繰り返します。合計30分ですね。
可能であれば週に3〜4回行うようにしてください。

運動生理学において、最高酸素消費量の60%以上となる運動を数週間継続すると体調の変化を実感できて、数ヶ月続けると体力の向上を実感できるとされています。インターバル速歩を継続することは理にかなった体力向上法と言えます。

いつものウォーキングにちょっと工夫をする感じなので、それぐらいなら実践できそうです!!

体も心も「楽」だけでは成長できないんですね。痛感。笑

にしだ

その通りだと思います。笑

食事編、筋トレ編についてはまたどこかで♪

★LINE登録でお得な情報をゲット★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。